<< 2018美濃加茂市議会議員選挙を振り返って | main | 膵臓がん対策を考える >>

学校給食センターの意義

学校給食センターの意義を考えてみた。

 

学校給食法第2条に

  1. 適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること。
  2. 日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養うこと。
  3. 学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと。
  4. 食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと。
  5. 食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと。
  6. 我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること。
  7. 食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと。

とある。

これに、すべてが含まれていると思う。

弱者をいたわるのはもちろんのこと。すべての人が共存できるそんな社会になればなんと素晴らしいでしょう。

この第2条には義務教育諸学校における教育の目的を実現するため学校給食を実施するにあたっての目標が規定されておる。アレルギーのことは書いてないが包含されていると思います。内容を斟酌して「児童、生徒に寄り添う給食」を目指していかなければと思います。

| 編集後記 | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM