<< 学校給食センターの意義 | main | 避難所について考える >>
2018.12.02 Sunday

膵臓がん対策を考える

0

    膵臓がんとは

    すい臓がんは早期発見が難しく進行が速い。死亡率の高い恐ろしいがんです。

     

    膵臓がんの原因

    生活習慣やすい臓の病気や遺伝的要因など。

    生活習慣では喫煙や肥満、お酒の飲みすぎが危険因子とされておりタバコやお酒の摂取量が発症に影響する。

    すい臓がんを発症した患者で糖尿病の人が17%を占めている。

    危険因子はいくつか挙げられるが特定はされていない。

     

    危険因子は多くあるが、そのすべての人を精密検査するのは不可能なので、危険因子を複数持っている人は定期検査を受けることが望ましい。

     

    慢性膵炎と膵嚢胞(すいのうほう)

    慢性膵炎の60%がアルコールによるもの。(過剰摂取)

    膵臓に炎症が繰り返し起こることで機能が低下していく。

    慢性になると内分泌機能も低下して糖尿病の発症リスクも高くなる。

    膵臓にできる嚢胞(IPMN)も発症リスクが高い。

     

    糖尿病

    糖尿病患者の膵臓がん発症リスクは糖尿病でない人の2倍である。

     

    肥満

    肥満などの体重過多は膵臓がんの危険率を増加させる。

    BMIが男性で25以上、女性で30を超えると肥満と判定される。

     

    遺伝

    膵臓がん患者の家系を調べると3〜9%は血縁者に膵臓がん患者がいる。

    家族に患者がいる場合はいない人の2〜3倍の発症率になる。

     

    喫煙と飲酒

    タバコを吸わない人に比べて2〜3倍のリスクがある。

    大量の飲酒は膵臓に負担をかける。

     

    初期症状

    膵臓がんは進行が早いが初期症状がほとんどなく、8割が手術できない進行がんとして発見されている。

     

    健康診断での発見

    標準的な健康診断で膵臓がんを発見するのは非常に難しい。

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM