<< 5/4金井ふみとしメールマガジン | main | 新型コロナウイルス感染症対策要望書 >>

5/11金井ふみとし通信

0
    020年5月11日

    「エッセンシャル・ワーカー」

    美濃加茂市議会議員の金井ふみとしです。

    エッセンシャルワーカーとは、人々が生活する中で必要不可欠な仕事を担う人たちを指す言葉で、海外で生まれた言葉です。言い換えればコロナ禍の中でも休めない人々がいることです。
    いま必要なのは、科学的根拠をもとに適切に行動することです。SARSを経験した台湾や香港は、その危機を真剣に捉え、今回の新型コロナウイルス対策の準備が出来ていました。15年にMERSを経験した韓国もそうです。
    米国とは初動の対応が違いました。東アジアの多くの国々や地域は、他より、政府も社会も、新型コロナウイルスにうまく対応できているようです。
    感染症のアウトブレイクは最大潜伏期間の2倍、感染者が出ないことで終息と見なす。と言われます。緊急事態宣言が今月いっぱいに延長になった今、なすべきことは3密を防ぎ「ステイホーム」を維持することです。
    エッセンシャルワーカーに敬意を表しながら希望を持って日々を過ごしましょう。


    コメント
    コメントする









    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座